ぶんぶんクラブ、サービスのご案内

ぶんぶんクラブとは?

道新ぶんぶんクラブは、読者・道民とのきずなをさらに深めたいという思いを込め、2006年7月にスタートした北海道新聞社の無料会員サービス組織です。
「学ぶ・楽しむ・役に立つ」をキャッチフレーズに、多彩なサービスを提供しています。

ぶんぶんクラブの“ぶんぶん”は、新聞の“ぶん”、文化の“ぶん”、そして元気な様子を表現する“ぶん”の意味も込めています。
すでに道内外を駆け巡っている取材・編集車両の「道新ぶんぶん号」にもちなんでいます。
北海道新聞の読者を中心とした無料会員組織で、各種のサービス・特典があるほか様々なイベントの開催・優待などで地域の元気創出にも寄与したいと考えます。

サービスのご案内

学ぶ

学んで、ためになる。

北海道の新しい魅力を発見!

北海道新聞紙面に登場した話題の人を招く講演会や、大学と連携した教養講座などを開催しています。文化・芸術に親しみ、新しい発見ができる機会を提供しています。

楽しむ

楽しんで、好きになる。

北海道の暮らしに活力を与える!

トークショーや特別ツアー、料理教室、映画観賞会などを開催。日本ハムファイターズ、コンサドーレ札幌の試合や、札幌交響楽団のコンサートなどにも抽選でご招待します。

役に立つ

役にたって、トクをする。

特典いろいろ、便利におトクに!

加盟飲食店などで会員証を提示すると、特典や割引サービスが受けられます。道新紙面掲載写真のプリント代が、通常料金の10%引きになります。

会員証・電子会員証について

全道にある加盟店で会員証を提示すると、割引・優遇サービスを受けることができます。
各店舗に貼ってある、ステッカーやペナントを目印にしてください。