読み物

ぶんぶんスタッフブログ

【2016/04/04】

気付けば寝落ち…

三月半ば過ぎのある夜、自宅で唐突に後ろへひっくり返ってしまいました。立ってテレビを観ていたところ突然、尾てい骨を床にしたたかに打ちつけた痛さで我に返ったのです。どうやら瞬間的に「寝落ち」してしまったようなのです。

うわあ、こんなこと初めてだぁと思いました。椅子に座って手に持って開いていた文庫本が、ぼろりと落ちた瞬間に「はっ」と気づいたり、ふとんの中で仰向けになって読んでいたはずの本が、顔面に降ってきて「わっ」と目覚めるなどはありますが、よもや立っているまま寝入るとは。いや確かに少しばかり酔ってはいましたが、それにしてもなぁ…

以前テレビで、はしゃいで元気一杯に走り回っていた小型犬が、ほんとうに突然その場で寝込んでしまう場面を観たことがあります。何でも「ナルコレプシー(居眠り病)」という、脳疾患による睡眠障害のひとつだそうです。まさかこれじゃあるまいな。日本人に多いようですが、40歳以上の発症は稀だといいますから、ひょっとしてその稀な例なのでしょうか。

ああっ、そういえば40年以上前、高校の修学旅行で徹夜した翌日、山道をさんざん歩き回った帰りのバスで吊り手につかまりながら、急にひざがガクリと折れて、「おっと、今眠ったんだっ」と気づいたことがありました。だからまぁまったく初めてのことではないですが、こないだの一件は年齢も年齢なだけに、しばし目が離せませんね。と言いつつ寝落ちしてしまっちゃあ、どうにもなりませんが。 (泉)
Line29_うとうと