イベント

イベントリポート

スキーの楽しさ学ぶ 札幌国際スキー場で小学生向けスキーレッスン

 道新ぶんぶんクラブ主催の「親子で行く 子供スキーレッスン」が1月27日、札幌市南区定山渓の札幌国際スキー場で開かれ、小学1~5年生の男女51人がスキーに親しみました。

 毎年恒例の人気イベントです。参加者は、スキーを滑ったことのない初心者から上級者まで4クラスに分かれて、3~5人ずつ14の班を作ってインストラクターの先生からスキーを学びました。

 この日は時折日が差し、ゲレンデコンディションも上々。参加者は準備体操のあと保護者に見送られながら、ゲレンデに向かいました。

 初心者のクラスでは、スキーに乗ったことのない子どもたちが、先生の指導で滑ることができるようになりました。ゲレンデを滑ってきた子どもたちは「楽しい」と話していました。

 閉会式では、札幌国際スキースクールの平出泰久校長が「スキーは練習すればするほど上手になれます。また国際スキー場にすべりに来てください」と呼びかけ、笑顔でレッスンを終えました。

(写真説明)スカイキャビンをバックに滑り降りる参加者