イベント

イベントリポート

今年もうまい道産酒 地酒フェア2019

道内最大級の地酒イベント、北海道酒造組合主催の「北海道地酒フェア2019」が10月9日(水)、
札幌パークホテル(札幌市中央区南10西3)で開かれ、道産酒ファンら400人を超える参加者が地酒を堪能しました。
ぶんぶんクラブは受付で、来場の会員先着100人に500円分のお酒ショット券をプレゼントしました。

フェアには同組合に加盟する13社がそれぞれブースを出店し、純米大吟醸酒や特別純米酒など約70銘柄が並びました。
ミス北海道米らによる鏡開きからスタート。
ショット券を片手にお目当ての酒蔵のブースを訪れ、きき酒を楽しんでいました。

バンドや和太鼓の演奏、各蔵のお酒やぶんちゃんグッズなどが当たるお楽しみ抽選会などもあり、会場は盛り上がりました。

会員の男性は「毎年楽しみにしている。来年も頼むね」と、笑顔でお酒を楽しんでいました。

(写真上)鏡開きでスタートした「北海道地酒フェア2019」
(写真下左)自慢の酒を並べた酒蔵のブース
(写真下右)好みの酒をショットで楽しむ参加者