イベント

イベントリポート

会員も参加し地酒&鮨フェアを盛大に開催

zzお酒を買いにDSC_1566

北海道の地酒&鮨フェア(北海道酒造組合主催、北海道鮨商生活衛生同業組合など協賛)が10月12日(水)午後6時10分から、札幌パークホテル(中央区南10西3)で開かれ、ぶんぶんクラブ会員を含む471人が訪れました。




北海道酒造組合会長の林眞二国稀酒造社長と北海道鮨商生活衛生同業組合の嶋宮勤理事長があいさつ。抽選で名前が読み上げられた8人の参加者がステージに招かれ、鏡開きが行われました。これを合図に宴が繰り広げられました。


aa林会長あいさつDSC_1546




参加者は受付で入場券と引き換えに酒券、すし券が配られたほか、おつまみ弁当が付きました。会場の前方が鮨コーナー。後方では北海道酒造組合参加の12社が出店し、大吟醸や吟醸などの酒を振る舞いました。

6つの円テーブルに分かれた会員58人も楽しく杯を重ねました。宴もたけなわ、締めくくりに大抽選会が行われ、くじ引きで当選した36人がステージに登壇し、加盟12社の日本酒メーカーが提供した4合瓶が手渡されました。当選者は酔いも手伝ってか大喜び。閉会時間も予定時間を過ぎ、午後8時30分ごろまで会場は盛り上がっていました。

退場の際、出口付近で9月創刊の道新生活情報版「さっぽろ10区」が無料配布され、手にした参加者らは「これ知っている」「初めて見た」などの感想を口にしていました。また道新ぶんぶんクラブの加盟店ガイドブックも配られました。

aaすしDSC_1557aa鏡見開きDSC_1552aa抽選会DSC_1594