イベント

イベントリポート

札幌国際スキー場で小学生レッスン 55人参加


道新ぶんぶんクラブ主催の小学生スキーレッスンが3日、札幌市南区の札幌国際スキー場で開かれ、札幌などの児童55人が指導員から楽しく操作技術を学びました。

11年前から毎冬開催されている恒例行事で、この日は氷点下6度、曇りの天気。児童らは初級から上級までの4クラス、計10班に分かれ、約4時間のレッスンを受けました。








滑走の技を磨こうと参加した上級クラスの谷野空良君=札幌市澄川南小4年=は「分かりやすく教えてくれて楽しかった」と話しました。東京都から石狩市に移住し、初めてスキーに挑戦した不動ひなたさん=石狩市双葉小1年=は「とっても良かった。またやりたい」とうれしそうでした。送迎役の親たちもゲレンデで滑りながら、わが子の受講の様子を熱心に見守っていました。

(写真説明=上から)スキーを履きバランス取りの練習をする初心者クラスの小学生
指導員とともに滑走する中上級の小学生