イベント

イベントリポート

力士型ロボットを作ったよ! 30組の親子がロボット教室に参加

室蘭工業大学と共催の「親子ロボット教室」が、7月21日(土)に北海道新聞本社(札幌市中央区大通西3)の2階会議室で開かれ、参加した30組60名が力士型ロボットの作成に取り組みました。

最初に、室工大大学院の花島直彦教授が、ロボットとは何か、どのような仕組みで動いているのかなどを分かりやすく講義。
ロボットについての基本や、最近の活用例を説明しました。



ロボットの製作では、たくさんの部品を順序良く組み立てていきます。



わからない部分があっても、室工大生が丁寧にサポート。
ニッパーやドライバーの使い方も徐々に慣れ、全員がロボットを完成させることができました。

そして最後に、お手製の力士ロボットたちが「ぶんぶんクラブ場所」で相撲対決!
発電機をぐるぐる回すと、土俵に立った2人のロボット力士が突っ張り合います。



白熱した戦いを繰り広げた参加者たちからは「楽しかった」「違うロボットも作りたい」との声が上がりました。