ぶんぶんクラブの会員証を提示してお得なサービスを受けよう!

イベント・プレゼント

【6月5日締切】第662回札響定期演奏会SS席ペア入場券を2組に

プレゼント
掲載:2024/05/15

シャルル・デュトワ 54年ぶりに札響を指揮

6月29日(土)午後5時開演、札幌コンサートホール・キタラ。

 

1970年初夏の「未完成」「悲愴」での初共演から半世紀以上が経ち、再び迎える札響とのステージに「音の魔術師」デュトワが選んだプログラムは「新世界より」。米寿を迎えようという巨匠はいまなお、求める音楽にエネルギーを傾け音楽の求道者として鬼気迫る指揮で聴衆への思いを伝えてくれます。

ソリストはヴァイオリニストの金川真弓。チャイコフスキーの代表的な名曲「ヴァイオリン協奏曲」を優雅に披露します。

 

【ロビーコンサート】

開演30分前には、ホワイエでロビーコンサートも開催される予定です。お楽しみに!

※演奏内容は公演前日までに、当日券情報とともにトップページで発表されます

 

札幌交響楽団 電話011-520-1771

 

【事務局からのお願い/登録住所の確認を】

応募の最後に会員の登録現住所が表示されます。

当選された際に事務局から「表示されている住所」に賞品を発送します。

正確な現住所が記載されていない場合は、お届けできませんのでご了承ください。

住所などを変更するには、ぶんぶんクラブホームページの「マイページ」から「会員情報変更」に進んでください。

「特記事項」に住所などの変更内容を記入されても、変更されませんのでご注意ください。

必ずご自身で変更してください。

 

6月5日(水)締め切り。

抽選の上、当選者に送ります。


      

金川 真弓 (ヴァイオリン)

ドイツ生まれ。4歳から日本でヴァイオリンを始め、その後ニューヨークを経て、12歳でロサンゼルスに移住。現在はベルリンを拠点に演奏活動を展開させています。ハンス・アイスラー音楽大学でコリヤ・ブラッハーに、また名倉淑子、川崎雅夫、ロバート・リプセットの各氏に師事。使用楽器は、日本音楽財団貸与のストラディヴァリウス「ウィルへルミ」(1725年製)。

音楽への専心と、豊潤かつ深い音色で奏でられる音楽性が聴衆を魅了しています。2018年ロン=ティボー国際音楽コンクール第2位入賞および最優秀協奏曲賞を受賞。翌19年にはチャイコフスキー国際コンクール第4位に入賞し、一躍注目を集めました。

            © Victor Marin
            © Victor Marin

チケット発売中

チケット:SS席8,000円 、S席7,000円、A席6,000円、B席4,500円、C席3,500円

     U25割(B,C)1,500円(2024年度U25割は1999年以降生まれ対象です)
     スマイル席2,000円(Pブロック内スマイルエリア/当日限定販売)

※未就学児入場不可
※札響定期会員は各席500円引きで購入ができます(スマイル席、U25割、他割引の併用不可)

※開場は開演の40分前

 

プレイガイド:窓口およびオンラインで購入ができます。※オンラインは各プレイガイドのリンクから 

       Kitaraチケットセンター(札幌市中央区中島公園1-15)

       道新プレイガイド(札幌市中央区大通西3)

       ローソンチケット Lコード:18203

       チケットぴあ   Pコード:257-236

       市民交流プラザチケットセンター(札幌市中央区北1西1) ※窓口のみ

       セイコーマート(店内マルチコピー機 D24042002)※開催1週間前まで販売。店内のみ