イベント

イベントリポート

厳冬期の被災、対処法学ぶ 道新本社でぶんぶん防災講座 

9月6日に発生した胆振東部地震で道内は、全域が停電するブラックアウトに見舞われ、道民の生活に大きな影響が出ました。もしこれからの厳冬期に、震度7クラスの震災に再び襲われたら、私たちはどう対処すればいいのでしょう。ぶんぶんクラブは会員の皆さんに防災意識を高めてもらおうと、12月2日(日)札幌市中央区の…

【2018/12/04】

樽商大共催ビジネス講座 地域での社会貢献を通じた企業価値の創造と戦略学ぶ

小樽商科大学と道新ぶんぶんクラブ共催の2018年第3回 時代が読める経済・ビジネス講座『地域での社会貢献を通じた企業価値の創造と戦略』が11月10日(土)同大札幌サテライト教室で開かれ、会員25人が企業の責任と価値の形成について学びました。 講師は、同大商学科で環境経営論や企業のCSR(社…

【2018/11/21】

糖尿病は合併症に注意 札医大すこやか講座

札幌医科大学と道新ぶんぶんクラブ共催の本年度第3回「すこやかライフ」講座「糖尿病から血管を守ろう!~これからの時代の糖尿病の予防と上手な付き合い方~」が11月12日(月)、同大臨床教育研究棟講堂で開かれ、同大医学部公衆衛生学講座の大西浩文教授が、糖尿病の予防や治療についてスライドを使いながらわかりや…

【2018/11/16】

夏目漱石は漢詩文が好き 国学院大・石川教授が講演

「漱石文学の夢 ―漢詩文と『草枕』―」をテーマにした道新ぶんぶんクラブ教養講座「いにしえの日本を探る」が11月10日(土)午後1時30分~3時、道新本社2階会議室で開かれました。講師は国学院大学の石川則夫教授。雨で足元の悪い中、112人の参加がありました。 夏目金之助(のちの漱石)は名字帯…

【2018/11/15】

青函連絡船に思いはせる 函館でぶんぶんステーション講座

道新函館支社で10月28日、ぶんぶんステーション講座「元道新記者が見た青函連絡船」が開かれました。講演者の原田伸一さんは函館出身の元道新記者で、今年9月に北海道新聞出版センターから「海峡の鉄路 青函連絡船 110年の軌跡と記憶」を刊行しました。今回はぶんぶんクラブの相原秀起事務局長との対談で、一世紀…

【2018/10/30】

新そばおいしく味わう 札幌で楽しむ会

取れたての道産新ソバから作った3種のそばを味わう「新そば味めぐり」が10月24日(水)、札幌パークホテル(中央区南10西3)で開かれ、第1部と第2部合わせて210組420人が新そばの風味を楽しみました。 「味めぐり」は、北海道麺類飲食業生活衛生同業組合札幌支部(小沢正直支部長)と道新ぶんぶんク…

【2018/10/29】

麵つゆで簡単チャーシュー 幸福料理実習会

道新スポーツとの共催イベント「幸福(しあわせ)料理実習会 いただきます北海道!」を10月26日(金)、 札幌市中央卸売市場調理実習室(中央区北12西20)で開催しました。 今回は道新ポケットブック2018年9月号で紹介された牛肉の麵つゆチャーシュー、焼きサンマの棒寿司、エビのテルミドール…

【2018/10/29】

定山渓鉄道へ思いはせる 真駒内でぶんぶんステーション講座

 定山渓温泉と札幌市中心部を結び、1969年(昭和44年)に廃線となった定山渓鉄道(定鉄)が10月17日、開業から100年となりました。これを前にした13日、定鉄と沿線の街並みや人々の息づかいを振り返るぶんぶんステーション講座「定鉄が駆け抜けたあの頃あの街~定山渓鉄道開業100年」が、札幌市南区真駒…

【2018/10/23】

消費者に好まれるブランドと北海道ブランドの展開について学ぶ 樽商大共催ビジネス講座

小樽商科大学と道新ぶんぶんクラブ共催の2018年第2回「時代が読める経済・ビジネス講座『消費者に好まれるブランドと北海道ブランドの展開』」が10月13日(土)同大札幌サテライト教室で開かれ、会員37人がブランドとは何かを学びました。 講師は、同大商学部でマーケティング論・消費者行動論を研究する…

【2018/10/22】

「北海道地酒&鮨フェア2018」  銘酒の飲み比べ楽しむ

毎年恒例の地酒イベント、北海道酒造組合主催の「北海道地酒&鮨フェア2018」が10月10日(水)、札幌パークホテル(札幌市中央区南10西3)のパークホールで開かれ、道産地酒ファンら約500人が地酒とすしを堪能しました。ぶんぶんクラブは受付で、来場者の先着100人に500円分のお酒ショット券をプレゼン…

【2018/10/11】