イベント

イベントリポート

再生医療で脳梗塞の後遺症改善期待 札医大すこやか講座

札幌医科大学と道新ぶんぶんクラブ共催の本年度第1回「すこやかライフ」講座「脳梗塞の予防と最新治療~後遺症が残ってもあきらめない、再生医療で要介護ゼロを目指す!~」が9月20日(水)、同大臨床教育研究棟講堂で開かれ、同大医学部附属フロンティア医学研究所神経再生医療学部門の本望修教授が、脳梗塞の仕組みと…

【2018/09/25】

秋の巡回ステージ「道新ぶんぶん寄席」、桃月庵白酒さん小樽公演

 道新ぶんぶんクラブ主催の秋恒例の巡回ステージが始まりました。9月18日(火)の小樽を皮切りに、10月中旬まで道内7カ所で開催します。今年のイベントはちょっと趣向を変えて、皆さんよくご存知の人気落語家による爆笑寄席です。   初回の小樽は当選倍率が約3倍の中、当選された354人のお客様が会場…

【2018/09/19】

サウンド・オブ・ミュージック 舞台裏も楽しい

ぶんぶんクラブ主催の劇団四季「サウンド・オブ・ミュージック」バックステージ見学会が8月31日、札幌の北海道四季劇場で開かれました。抽選で当たった111人の参加者は当日の上演を観劇した後、舞台裏を見学しました。 ミュージカルはナチス占領下のオーストリアで、歌と家族愛で人々に希望を与えたトラッ…

【2018/09/12】

東アフリカのモバイル革命学ぶ 樽商大と共催「第1回ビジネス講座」

小樽商科大学と道新ぶんぶんクラブ共催の2018年第1回「時代が読める経済・ビジネス講座『モバイル革命と東アフリカ農村の変貌』」が9月1日(土)樽商大札幌サテライト教室で開かれ、会員53人が東アフリカの今の姿を学びました。 講師は、経済学科で発展途上国の経済を研究する松本朋哉教授(開発経済学…

【2018/09/12】

2018第3回「エルムの杜の宝もの」 博物館の展示を見学

北大開学以来の貴重な研究資料・標本を約300万点収蔵する北大総合博物館。この北海道の宝を多くの人に知ってもらおうと、同博物館と道新ぶんぶんクラブは共催で「エルムの杜(もり)の宝もの」の2018年第3回を8月25日(土)同博物館で開きました。 現在開催中の企画展「視(み)ることを通して」を同博物…

【2018/08/29】

力士型ロボットを作ったよ! 30組の親子がロボット教室に参加

室蘭工業大学と共催の「親子ロボット教室」が、7月21日(土)に北海道新聞本社(札幌市中央区大通西3)の2階会議室で開かれ、参加した30組60名が力士型ロボットの作成に取り組みました。 最初に、室工大大学院の花島直彦教授が、ロボットとは何か、どのような仕組みで動いているのかなどを分かりやすく講義。 …

【2018/07/23】

ガンちゃんと稀哲、日ハムにエール

 北海道日本ハムファイターズにエールを送る「がんばれファイターズ! 熱烈応援トークショー ガンちゃん&森本稀哲(ひちょり)、大いに語る」が12日夜、札幌市中央区の道新ホールで開かれ、約5倍の抽選で選ばれたぶんぶんクラブ会員の日ハムファン654人が、2人の愉快で軽妙な掛け合いを楽しみました。  …

【2018/07/13】

咲き誇る日本の美 東京富士美術館展特別鑑賞会

7月7日(土)に北海道立近代美術館で始まった東京富士美術館開館35周年秘蔵選 日本の美・百花繚乱(りょうらん)の特別鑑賞会が、同日午前10時30分から開かれました。開催初日でにぎわう中、176人が参加しました。 まずは東京富士美術館学芸員の宮川謙一さんが「江戸絵画の魅力―東京富士美術館所蔵…

【2018/07/09】

北海道の畜産黎明期に思いはせる 第2回エルムの杜の宝もの

 今年2回目となる北大総合博物館と道新ぶんぶんクラブ共催「エルムの杜(もり)の宝もの~札幌農学校第2農場見学ツアー」が6月30日同農場で開かれ、ぶんぶんクラブ会員ら41人が、近藤誠司北大名誉教授(畜牧体系学)の案内で日本の近代畜産の礎を築いた重要文化財の建物群を巡り、北大から広がった近代畜産の大きな…

【2018/07/06】

ファンと選手 心ひとつに コンサドーレトークショー

 サッカーJ1北海道コンサドーレ札幌を応援する「2018コンサドーレトークショー」が6月28日(木)、札幌市の道新ホール(中央区大通西3)で開かれ、運営会社コンサドーレの野々村芳和社長とチャナティップ、駒井善成、荒野拓馬の3選手が出演、軽妙なトークで会場を埋めた約580人のぶんぶんクラブ会員を沸かせ…

【2018/06/29】