イベント

イベントリポート

改装した三岸好太郎美術館 じっくり鑑賞

2月24日(土)にリニューアルオープンした三岸好太郎美術館鑑賞会が3月1日(木)午前10時からと午後1時30分からの2回、開かれました。定員を大きく上回る応募がありましたが、当日はあいにくの悪天候。それでもぜひ、という参加者が集まりました。 三岸の作品が飾られた展示室で、まずは中村聖司・三岸好…

【2018/03/02】

キタラ20周年記念 キタラバックヤード(楽屋)見学会が好評

2月24日(土)午後4時、キタラのエントランスホールに、競争率12倍の中で幸運を得た参加者19名が集合しました。 公益財団法人・札幌交響楽団総務営業部営業担当マネージャー奥山大介氏のご案内にて、いよいよ見学ツアーの始まりです。 まずは定期公演が終わったばかり、その余韻が残る客…

【2018/02/28】

札幌国際スキー場で小学生レッスン 55人参加

道新ぶんぶんクラブ主催の小学生スキーレッスンが3日、札幌市南区の札幌国際スキー場で開かれ、札幌などの児童55人が指導員から楽しく操作技術を学びました。 11年前から毎冬開催されている恒例行事で、この日は氷点下6度、曇りの天気。児童らは初級から上級までの4クラス、計10班に分かれ、約4時…

【2018/02/05】

万葉集巻十一は人麻呂歌集へのオマージュ  国学院道短大・月岡教授が講演

「万葉集巻十一を読む ―人麻呂歌集とその表現―」をテーマにした道新ぶんぶんクラブ教養講座「いにしえの日本を探る」が1月20日(土)午後1時30分~3時に道新本社2階会議室で開かれました。講師は国学院道短大教授の月岡道晴さん。定員を上回る144人の参加がありました。 万葉集巻十一に収められた…

【2018/01/22】

北海道コンサドーレ札幌キックオフ ぶんぶんブースにどっと人

北海道コンサドーレ札幌の新チームお披露目イベント「北海道コンサドーレ札幌キックオフ2018」が1月13日(土)、北海きたえーる(札幌市豊平区)で開かれました。 道新ぶんぶんクラブでは初めての試みとして、ブース出店と抽選会を行いました。 当日は天候にも恵まれ、約4600人のサポータ…

【2018/01/22】

昆虫型ロボット作ったよ 室工大の教室に親子32組

  室工大大学院もの創造系領域の花島直彦教授の指導でロボットの基本を学ぶ「第13回室工大サイエンススクール 親子ロボット教室」が、12月23日(土)(祝)午後1時~午後5時に、北海道新聞本社2階会議室(札幌市中央区大通西3)で開かれました。子どもたちは6本の足で動く昆虫型ロボット「2チャンネル…

【2017/12/23】

ライオンキングリハーサル見学会  俳優らに質問も

 道新ぶんぶんクラブ主催の劇団四季「ライオンキング」リハーサル見学会が12月7日,札幌の北海道四季劇場で開かれました。参加した38組75人は当日の上演を観劇後、熱気が冷めやらぬ舞台で行われる翌日に向けたリハーサルを、間近に見ることができました。     ミュージカル「ライオンキン…

【2017/12/08】

「自分の印ができた」 初の篆刻体験講座で熱心に

「来年の年賀状は自作の印を押してみませんか」と銘打った、初心者向けの篆刻(てんこく)体験講座が12月5日(火)北海道新聞社2階A会議室で開催されました。 講師は北海道書道展会員・毎日書道展進審査会員・扶桑印社同人を務める、北海道篆刻協会代表の越坂久雄さんです。札幌道新文化センターでも篆刻の講座…

【2017/12/07】

風狂の蕉門俳人・広瀬惟然の魅力たっぷりと 国学院大・中村准教授が講演

「踊る蕉門俳人惟然 芭蕉と広瀬惟然」をテーマにした道新ぶんぶんクラブ教養講座「いにしえの日本を探る」が11月11日(土)午後1時30分~3時に道新本社2階会議室で開かれました。講師は国学院大学准教授の中村正明さん。暴風雨の悪天候でしたが、117人の参加がありました。 広瀬惟然は松尾芭蕉と、「笈…

【2017/11/13】

北朝鮮と米の対立 どう影響  船津樽商大教授が講演

 北朝鮮と米国の対立が私たちの生活にどう波及するかを読み解く、船津秀樹小樽商大教授(国際経済学)の講演会「国際的な政治リスクと北海道」が11月11日(土)午前10時30分~正午、同大札幌サテライト(中央区北5西5)で開かれ、約60人が受講しました。 新聞記事から学ぶ同大と共催の教養講座…

【2017/11/11】