重要なお知らせ

ぶんぶんクラブの会員証を提示してお得なサービスを受けよう!

道新ぶんぶんクラブ会員規約

第1章 総則

第1条(目的)

1.道新ぶんぶんクラブ(以下、「当会」といいます。)は、株式会社北海道新聞社(以下、「当社」といいます。)が運営する会員制組織です。

2.当会は、その会員に対し、各種会員サービス等を提供することにより、会員と当社、グループ会社、および当会との情報交換や交流、ならびに会員相互の親睦・交流を図り、あわせて北海道文化の向上と地域活性化に寄与することを目的とします。

第2章 会員

第2条(会員資格)

1.会員は、北海道内に居住する18歳以上の個人に限るものとします。ただし、この要件を満たさない場合も、当社が提供する個人認証・課金決済サービス「北海道新聞パスポート」の会員(以下、「パスポート会員」といいます。)の方は、当会への入会申し込みが可能です。

2.当会は、当会所定の手続きにより入会を申し込み、当社がその申込みを承諾した者を会員とします。なお、パスポート会員が当会に入会を申し込む場合は、当会のウェブサイトにおいて、または当社所定のスマートフォンアプリ(以下、「アプリ」といいます。)を使用することにより、受け付けます。

3.当会のウェブサービスやアプリ等のデジタルサービスの提供を受けるには、パスポート会員になる必要があります。パスポート会員登録をした当会の会員を「インターネット利用会員」といいます
北海道新聞パスポート入会申込みはこちら

4.パスポート会員の資格で当会に入会したインターネット利用会員が、北海道新聞パスポートから退会し、パスポート会員の資格を失ったときは、当該資格の喪失時点で当会の会員資格を失います。この場合であっても、第1項本文に定める要件(北海道内に居住する18歳以上の個人)を満たすこととなったときは、所定の申込手続きにより当会への再入会が可能です。

第3条(入会手続)

1.当会への入会を希望する者は、当会所定の「個人情報の利用目的と第三者提供について」および本規約第9条(個人情報の取得と利用)の内容に同意し、当会所定の方法で必要事項を届出ることにより、入会の申込みを行うものとします。

2.入会申込者が以下の各号に該当する場合は、入会の申込みを承諾しないことがあります。

(1)入会申込手続の際の届出事項に虚偽または不正確な内容が含まれているとき

(2)第2条で定める会員の要件を満たしていないとき

(3)反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者)であると当社が判断したとき

(4)その他、当社が合理的理由により、会員として認めるのが不適当であると判断したとき

第4条(入会金および会費)

1.当会への入会金および会費は無料です。

2.当社が有料の会員サービス等を提供する場合は、会員に対しあらかじめ利用料金その他の条件を明示し、未成年者については、親権者の同意を得るものとします。

3.会員サービス等の利用に伴い会員個人に発生する費用(インターネット回線・機器利用料、通信費、交通費、郵送料等)は、会員が自ら負担するものとします。

第5条(会員証)

1.当社は、会員に対し、会員番号を付した会員証もしくは電子会員証を発行します。

2.会員は、退会等により会員の地位を失った場合は、速やかに会員証を当社に返却するものとします。

3.インターネット利用会員が北海道新聞パスポートから退会すると、電子会員証は当該退会の時点で消失します。

第6条(退会)

1.会員は、当会所定の方法で申し出ることにより、いつでも当会から退会することができます。この場合、会員に対し、本人確認資料または必要書類の提出を求めることがあります。

2.インターネット利用会員が前項に基づき当会を退会した場合、別途、北海道新聞パスポートからの退会の手続きを取らない限り、パスポート会員としての登録はそのまま継続します。

3.会員が以下の各号のいずれかに該当する場合は、事前に通知することなく、会員を退会させる場合があります。

(1)道新ぶんぶんクラブ会員規約(以下「本規約」といいます。)に違反したとき

(2)会員が死亡したとき、または実在しないことが判明したとき

(3)会員の所在が不明であるとき

(4)有料会員サービス等の利用料金等の支払いを遅滞し、または支払いを拒否したとき

(5)会員登録情報に虚偽または不正確な内容が含まれていることが判明したとき

(6)第2条第1項に定める会員の資格要件を欠くことが判明したとき

(7)反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者)であると当社が判断したとき

(8)その他、当社が合理的理由により、会員として認めるのが不適当であると判断したとき

4.会員は、当社が、第1項に基づく当該会員からの退会申出を受領して確認した時点、または第3項に基づき、当社が当該会員の退会を決めた時点で、会員たる地位を喪失したものとします。ただし、退会までに利用した会員サービス等の利用料金その他の債務は、退会により消滅するものではありません。

第3章 会員サービス等の提供および利用

第7条(会員サービス等の提供)

1.当社は、第1条の目的を達成するため、グループ会社、北海道新聞販売所、提携先の協賛、協力等によるものも含め、以下の各号に定める各種事業およびサービス(「会員サービス等」といいます。)を提供します。

(1)当社が主催、後援(当会名義での主催、後援を含みます。)し、または他の団体と連携して行う各種事業・催事等への招待・優待

(2)当社の活動に賛同する企業の事業、催事等への招待・優待

(3)会員と当社、または会員間の情報交換の場を提供すること

(4)キャンペーン、プレゼント、懸賞等

(5)各種アンケートやモニター調査等の実施

(6)当社、グループ会社、会員サービス等に関するコンテンツ提供者、広告主、提携先等であって、当社が承認した者の商品・サービス等に関する情報提供

(7)その他、当会の目的を達成するために必要な事業

2.当社は、当社が発行する北海道新聞の定期購読者である会員やインターネット利用会員など、一定の要件を備えた会員のみを対象として、会員サービス等を提供する場合があります。当該会員サービス等の利用に必要とされる会員の要件、および会員サービス等の内容は、別途定めます。

3.会員サービス等並びに会員サービス等の案内及び情報提供は、北海道新聞・道新スポーツの各紙面への掲載、インターネット、アプリ、携帯サイトへの掲出、電子メールの送信、冊子や書面等の郵送その他の方法(北海道新聞販売所を通じたものを含みます。)によって行うものとします。

第8条(会員の遵守事項)

1.会員は、会員サービス等の利用にあたって、本規約、各会員サービス等に応じて定められた利用上の注意等の諸規定、および法令を遵守するものとします。

2.会員サービス等は、会員の私的利用のためにのみ提供されるものです。会員が、会員サービス、会員資格、その他会員サービス等に関する権利を営業目的で利用することを禁止します。

3.会員は、会員サービス、会員資格、その他会員サービス等に関する権利を第三者に譲渡、貸与し、または名義変更をすることはできません。

4.会員サービス等を通じて提供される著作物の著作権は、当社または著作物の提供者に帰属します。これらの著作物について、著作権法に定められた私的利用の範囲を超えて複製その他の利用をすることはできません。

第4章 個人情報

第9条(個人情報の取得と利用)

1.本規約における、会員の会員情報とは、以下のとおりです。

(1)会員の氏名、住所、性別、生年月日、電話番号、メールアドレス、職業、新聞の購読状況、会員番号その他会員登録の際に当社に届け出た情報(会員登録後に会員が当社に変更を届け出た又は追加で通知した情報を含みます。)

(2)会員が応募したイベントや懸賞等の申込履歴等、当社が追加で登録した情報

(3)(インターネット利用会員の場合)当社が会員向けに提供するウェブサイトやアプリ等のデジタルサービスへのアクセス状況や、その利用方法に関する情報(端末情報、ログ情報、cookie、匿名ID、位置情報等)

2.当社は、会員の個人情報を含む会員情報を、以下の各号に定める目的で利用します。

(1) 以下の①~⑤を含め当社が取り扱う商品やサービス等(これらの商品やサービス等を総称して「各種サービス等」といいます。)の企画、制作、提供、送付、およびご連絡等
①新聞、書籍、雑誌、冊子、広告、その他の出版物
②ウェブサイトおよびアプリケーション等のデジタル関連サービス
③イベント、セミナー、講座、コンサート等の催し物
④物品、チケット、旅行企画、保険等の商品
⑤懸賞、キャンペーン等

(2)当社の各種サービス等に関するアンケート、モニター調査、マーケティングリサーチ等(以下、総称して「各種調査」といいます。)の実施、発送、およびご連絡等

(3)各種サービス等および各種調査に関する資料やご案内、広告等の提供、送付等

(4)各種サービス等や各種調査に付随する物品の送付、サービスの提供、およびこれらに関するご連絡等

(5)当社の広告主や提携企業、外部サービス提供者等の取扱商品、サービスに関するご案内

(6)個人情報の第三者への提供(具体的な内容は第5項に定めます。)

3.当社は、会員の個人情報を含む会員情報を、当社の「個人情報の保護に関する基本方針」(これに付随する「個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内」および「Cookie等とアクセスデータの利用について」を含むものとし、以下も同様とします。)と本規約に基づき、適切に取り扱います。会員の個人情報の共同利用に関する事項については、「個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内」をご確認ください。

4.当社の「個人情報の保護に関する基本方針」と本規約に異なる定めがある場合は、本規約が優先します。

5.当社は、キャンペーンや懸賞(以下「キャンペーン等」といいます。)に応募した会員の個人情報を、必要な範囲で、キャンペーン等が適正に行われたことを確認するため、公正競争規約およびそれに付随する規則等に則り、新聞公正取引協議会事務局に提供することがあります。会員は、かかる目的による新聞公正取引協議会事務局への個人情報の提供について、あらかじめ同意するものとします。

6.当社は、会員の個人情報を利用して、登録済みの会員全員が自動的に応募したことになるキャンペーン等を実施することがあり、会員は、それらのキャンペーン等に自動的に応募することについて、あらかじめ同意するものとします。

7.当社は、会員から取得した個人情報や各種アンケートの回答、当社のウェブサイトやアプリ等のデジタルサービスの利用に関する情報(アクセスや利用の履歴を含みます。)に基づき、個人を特定できない統計的な情報を作成し、当該統計的な情報を利用、公表、および広告主を含む当社の取引先や第三者に提供することができるものとし、会員は、これに異議を述べないものとします。

8.当社は、会員の個人情報を、第2項に定める以外の目的で利用し、または第5項に定める以外の第三者に提供する場合、あらかじめ会員の同意を得るものとします。

9.会員は、当社が保有する当該会員の個人情報について、当社所定の手続きを通じて開示、訂正等を請求することができます。

第10条(個人情報処理の委託)

1.当社は、前条に定める利用目的を達成するため必要な範囲内で、個人情報の取扱いに関する業務の全部または一部を、業務委託契約を締結した委託先に委託するとともに、当該業務委託先に会員の個人情報を開示または提供する場合があります。

2.前項の委託を行う場合、当社は、個人情報保護法第20条に定める個人情報保護水準を十分に満たす事業者を選定するとともに、同法第22条の定めに従い、業務委託先に対し必要かつ適切な管理・監督を行います。

第11条(会員登録情報の登録、変更、抹消)

1.当社は、第9条第1項に定める会員情報を、会員データベース等、当社のデータベースに登録します。

2.会員は、前項により登録された会員情報(以下「会員登録情報」といいます。)に変更があった場合、当社所定の方法により、速やかに変更手続を行うものとします。

3.当社は、会員登録情報に変更があると認めるときは、会員の請求や通知によらず、自ら会員登録情報の変更を行う場合があります。

4.会員が当会を退会する場合は、退会後の問い合わせ等に対応するため、当該会員の会員登録情報を6カ月以内の期間に限り保有する場合があります。退会後6カ月を経過したとき、または6カ月を経過していない場合であっても保有の必要性がなくなったと判断したときは、当該会員登録情報を速やかに抹消いたします。ただし、当社がパスポート会員向けの会員サービスその他のサービス、キャンペーン等で取得した会員の情報を含め、当社が提供する、当会以外の会員サービスその他のサービス、キャンペーン等で別途当社が取得した会員の情報に関しては、当会の会員登録情報と同じ内容であってもこの限りではありません。

第5章 運営等

第12条(会員サービス等の変更、停止、終了等)

1.当社は、会員に対し事前に通知することなく、会員サービス等の全部または一部を変更、停止、中断、延期、または終了する場合があります。

2.会員サービス等の全部または一部を終了する場合、会員が有する会員サービス等の利用にかかる一切の権利は、当社が別段の定めを行わない限り、直ちに消滅するものとします。

第13条(規約の変更)

1.当社は、会員の了承を得ることなく、本規約の全部または一部を、予告なく変更することができます。

2.会員は、前項の変更をあらかじめ承諾するものとします。

3.第1項による本規約の変更は、当社が特に定める場合を除き、道新ぶんぶんクラブホームページに掲載する方法で公表するか、または登録された電子メールアドレスへ電子メールを送信することにより、会員にあらかじめ通知するものとし、当該通知において定めた時点より効力を生じるものとします。

4.本規約や前条に定める会員サービスの内容の変更等によって会員に生じた損害に関し、当社は一切責任を負いません。

第14条(自己責任の原則と免責、制限事項)

1.会員が会員サービス等を利用して商品・サービス等を取得し、または第三者と取引関係に入る場合は、取引条件等を十分確認するなど自らの責任でこれを行うこととします。

2.当社は、以下の各号の事由により会員に生じた損害および不利益について、一切責任を負わないものとします。

(1)会員サービス等を利用することにより、第三者との間で会員に生じた損害や不利益

(2)会員サービス等を通じて提供される商品、サービス、代替商品・サービス、懸賞、特典等の内容および品質等に瑕疵がある場合

(3)無料の会員サービス等を利用できなかったことにより会員に生じた損害や不利益

(4)第11条第2項から第4項までに定める会員登録情報の変更または抹消により会員に生じた損害や不利益

(5)会員が届出た個人情報に不備があった場合、および会員が第11条第2項の変更手続を遅延し、または変更手続を行わなかった場合、これによって会員に生じた損害や不利益

(6)第12条に定める会員サービス等の変更、停止、中断、延期、終了により会員に生じた損害や不利益

(7)その他、会員サービス等の利用に関し、当社の責に帰さない事由により生じた損害や不利益

第15条 外部サービスの利用等

1.当社は、第2条第3項に定めるデジタルサービスを会員に提供するウェブサイトやアプリ等(以下「対象サイト等」といいます。)に、当社または当社に掲載依頼をした広告主の広告(当社が提携する広告会社による行動ターゲティング広告サービスを含みます。)を掲載することができるものとします。

2.対象サイト等には、第三者が運営するウェブサイト(以下「外部サイト」といいます。)へのリンクが張られることがあります。

3.会員は、対象サイト等に設けられている外部サイトへのリンクを経由して、広告主が提供するサービスや当社の提携先が提供する提携サービス(以下「外部サービス」といいます。)を利用することができます。かかる外部サービスの利用に関する契約は、会員と広告主や提携先等の第三者との間で成立するものとし、前条第1項及び第2項の各規定が適用されます。

第16条(準拠法および合意管轄)

1.本規約は、日本の法令に準拠します。

2.本規約および当会に関する会員と当社との間の紛争については、当会事務局の所在地を管轄する札幌地方裁判所または札幌簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第17条(事務局)

1.当会の事務局は、以下に定める場所に置きます。
〒060-8771 札幌市中央区大通西3丁目6番地
北海道新聞社内 電話 011-210-5261

2.当会および本規約に関するお問い合わせ、ご意見等は、前項に定める当会事務局を窓口とします。

・2006年6月1日 施行
・2015年4月1日 改定
・2020年2月17日 改定