イベント

イベントリポート

体への負担少ない放射線がん治療 札医大・坂田教授が講演

道新ぶんぶんクラブと札幌医科大学共催の「すこやかライフ講座」が10月1日、札医大(札幌市中央区)で開かれ、同大医学部放射線医学講座の坂田耕一教授が「切らずに癌(が
ん)を治す放射線治療」とのテーマで講演しました。

札幌では本年度2回目の講座で、会員約60人が参加しました。
坂田教授は放射線治療に携わってきた経験を踏まえて、写真や動画を映しながら最新の治療法を紹介。
「従来、放射線は怖いというイメージがあったが、腫瘍にだけ放射線を当てる技術が進歩し、体への負担が少ない治療として注目されている」と話しました。

札医大が導入した高精度放射線治療装置(トモセラピー)は、回転しながらエックス線を照射し、360度方向からがん細胞を集中攻撃。
正常な細胞を守ることで副作用も少なく、肺や前立腺、のど、食道など多くのがんで治療効果が実証されていると説明しました。

一方、弱点として①同じ場所に対する連続した治療は一度限り②放射線に弱い臓器がある-などの点も挙げました。

坂田教授は「放射線治療は時間が短く、仕事を続けられるなどの長所があり、がんのほか、ケロイド治療などにも有効であることを覚えておいてほしい」と呼びかけました。

(写真上)がんに対する最新の放射線治療を説明する坂田耕一教授
(写真下)「放射線治療は体への負担が少ない」と会員を前に解説する坂田教授