重要なお知らせ

ぶんぶんクラブの会員証を提示してお得なサービスを受けよう!

イベントリポート

いにしえの日本を探る 明智光秀と本能寺の変 国学院講座

2020/10/26

本能寺の変の真相に迫る  国学院道短大・堀越祐一准教授が講演

会場の参加者に本能寺の変について話す堀越祐一准教授
会場の参加者に本能寺の変について話す堀越祐一准教授

「明智光秀と本能寺の変」をテーマにした道新ぶんぶんクラブ教養講座「いにしえの日本を探る」が10月24日午後1時30分~3時に道新本社2階会議室で開かれました。講師は国学院道短大の堀越祐一准教授。24人が参加しました。

 

まず、光秀が生きた戦国時代について、「多くの勢力が乱立し戦が頻繁に行われていた。庶民が領主に抵抗することもあり、大名や庶民が自主的に行動していた自力救済の時代だった」と説明。さらに戦国時代の終わりは、「大名が中央権力に従わざるを得なくなった豊臣秀吉の時代に実現した」と語りました。

 

本能寺の変については、公家の勧修寺晴豊(かじゅうじ・はるとよ)の日記を基に解説。織田信長が本能寺の変の前日に京都で公家や天皇の使者と会ったこと、光秀が本能寺を焼き打ちにした後、晴豊は皇太子や晴豊の娘らがいた二条御所に向かうが、中には信長の長男信忠がいたため、光秀の家臣らに阻まれたことなど日記を通じてわかりやすく話しました。

 

また、光秀の動機としては「怨恨(えんこん)や野心といった単独犯説は信用できない」との見解を述べ、光秀が交渉していた四国の長宗我部元親に対して信長が攻撃決定を下したことが最近注目されていることを紹介。黒幕説について朝廷説には道理的に疑問が多く、唯一可能性のあるのは足利義昭説としたものの、二人が事前に接触していたかどうかなど不明な点もあるとしました。

 

本能寺の変が成功した理由については、織田勢の有力大名が遠方にいたことに加えて手薄な陣営で後継者の信忠とともに京都にいた信長の油断と危機管理不足を挙げました。

 

最後に光秀が三日天下に終わったことについて、「下克上は大義名分が大事。光秀は恩を受けた信長のみならず、跡継ぎの信忠まで討ち取ってしまい孤立無援となった」と締めくくりました。